FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

理由はともかくとして

<皇后さま>気になる「腸壁出血」 雑誌報道が引き金?

皇后さま(72)の体調不良が発表されてから10日が過ぎた。気になるのは「腸壁からの出血」という症状だ。皇太子妃雅子さまの公務復帰問題などを報じる雑誌報道が引き金とも言われるが、真相は? 【桐野耕一、大場あい】
 皇后さまは16日、皇居内で清掃活動を行う勤労奉仕団約130人の前に立ち、笑顔で会釈した。一見、元気そうではあったが、宮内庁の発表では、腸壁からの出血は2月下旬から数回あったという。ほかに口内炎や鼻出血もあり、粘膜を保護する薬を服用している。同庁幹部によると「今も出血の可能性がある」。
 皇后さまは昨年と今年、定期検診で「表層性胃炎」と診断されたため、金沢一郎皇室医務主管は、今回の症状を「精神的なお疲れによる」と指摘、その原因に「雑誌報道」を示唆した。93年に倒れた時も、雑誌の皇室批判報道が原因とされた。
 一方、羽毛田信吾長官は「背景として週刊誌の記事より、皇室をめぐる課題、問題があるのでは」と語る。庁内では「皇太子ご一家の問題では」「天皇陛下のご体調では」と推測が飛び交う。
    ◇
 腸壁からの出血はどのような場合に起こるのか。渡辺守・東京医科歯科大教授(消化器内科)によると、比較的高齢で腹痛や発熱などを伴わない場合▽腸壁の一部が袋状に伸び、腸壁自体が薄くなり出血する「憩室出血」▽腸壁の血管の一部が破裂し出血する「血管の形成異常」――などが考えられる。原因ははっきりしないが、精神的ストレスとの関係は特に指摘されていないという。また「表層性胃炎」は初期の軽い胃炎で、関係ないとみられる。
 宮内庁は「潰瘍(かいよう)はない」と発表しているが、一般的には潰瘍性大腸炎」の可能性も疑われる症例だ。久保千春・九州大教授(心療内科)は「過労や不規則な食生活などで発症し、精神的ストレスによって悪化することが知られている」と説明。大腸の粘膜表面の炎症やただれにより出血し、通常は下痢、血便、腹痛などの症状があり、口内炎を伴うこともある。
 治療は炎症を抑える薬や粘膜を保護する薬の投与が中心。公表された皇后さまへの投薬の内容と一部一致するが、渡辺教授は「公務を続けられており、かなり軽度なのでは」と話す。
    ◇
 過密な公務を指摘する声もある。今月も15日までに外国の賓客や大使との会見、午さん(昼食)などの公務が計10日あった。
 皇室に詳しい文化女子大客員教授、渡辺みどりさんは「皇后と皇太子妃の公務は別で、一概に雅子さまのご病気が理由とは言えないが、体調を崩してもなお公務を優先することで、雅子さまに手本をお示しになっているのかも」と話す。また体調不良の背景について「雅子さまを巡る報道もあるだろうが、それ以上に皇室に嫁いだゆえの長年のお疲れでは」と語る。
 皇后さまは今月21日から4月2日までに間に当初から公務のなかった計9日間について静養を予定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070317-00000041-mai-soci



早くお元気になってほしいものです。



18歳未満立ち入り禁止!
オトナのオトナによるオトナの為のオトナの恋愛。
誰にも邪魔されたくない貴方に。


フリーメールOKです!
Lovers.はあなたの自由な恋愛を応援します。

日本初!ちょっとだけ奥手な貴方に♪
生まれて初めての世界を体験をプレゼント。
気になるトコロをピンポイントで。


オンナノコの為のスタイリッシュな出会い!
オンナノコを主役にした出会い♪
今すぐ遊べる簡単登録☆POPな出会いを楽しもう!

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2007年03月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。