FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

聖子さんの懐具合

聖子古巣サンミュージック復帰

-Yahoo!-より引用

歌手松田聖子(44)が18年ぶりに古巣に復帰する。個人事務所「ファンティック」がデビュー当時に所属した芸能プロダクション「サンミュージック」と業務提携を結んだことが7日、分かった。日程管理などマネジメントは個人事務所が担当しながら、音楽制作部門で支援を受ける。聖子は「初心に戻り、良い歌を歌いたい」と話している。
 古巣と提携する聖子の談話は、サンミュージックの担当者を通じて発表した。「このご縁を大切にして、初心に戻り新たな気持ちで良い歌を歌えるよう、一生懸命頑張ります」。
 80年に歌手デビューした聖子は、89年まで同プロに所属。その間、生み出したヒット曲は「裸足の季節」「青い珊瑚礁」「風は秋色」「赤いスイートピー」…と数知れず。聖子の代表曲はこの10年間に集中している。しかし、89年6月末に、突然独立を表明。聖子の母を社長とする個人事務所を設立した。「円満退社」を強調したが、結局は失敗した海外進出を目指す聖子と、同プロの溝が埋まらなかったのが原因とされた。
 デビューから所属する大手プロから独立して、Uターンするケースはほとんどない。プロダクション側が「裏切り」と受け取る風潮が強いからだ。異例の復縁は聖子が昨年末、同プロ相沢秀禎会長を初めてディナーショーに招いたのがきっかけだった。ステージ上で「デビューのころからお世話になった会長さんが来てくださいました…会長さんがいたからこそ、私も26年頑張ってくることができました…」と話し、同プロ時代のヒット曲を歌うと、涙をこぼした。
 もともと相沢会長は、聖子が独立直後、一時的に連絡業務を請け負うなど、手を差し伸べていた。18年ぶりに聴く生の歌声に感動し、「彼女の声は素晴らしい。まだまだ30代の輝きがある」と、支援の方針を固めた。
 最近の聖子はヒット曲こそないがコンサートやディナーショーの動員力で、個人事務所の経営は順調だった。娘の神田沙也加(20)も芸能活動を再開して、はた目にはママドル健在を印象づける。それでも、欲しいのは圧倒的な人気を誇った黄金時代の輝きなのか。古巣復帰は、ノスタルジーだけが理由ではなく、どん欲な歌手人生を表している。夏前にも新曲を発売する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070208-00000067-nks-ent


海外進出なんてもうしなくていいじゃんか。
無理じゃんか・・・。



ディレクトリ型サーチエンジン
カテゴリ内をHTMLで表示し、リンク先のURLにCGIを使わず直にリンクすることで
SEO(検索エンジン最適化)に有効なディレクトリ型検索エンジンとなっています。


フリーメールOKです!
たった2分で登録完了!
バレンタインに向けて是非☆


日本初!ちょっとだけ奥手な貴方に♪
生まれて初めての世界を体験をプレゼント。
気になるトコロをピンポイントで。


こういうポータル見たかった!
みんなが待ってたポータルサイト!
まさに今、旬のコミュニケーションをずらり紹介。
名物ガールズブログコーナーも大人気です!


18歳未満立ち入り禁止!
オトナのオトナによるオトナの為のオトナの恋愛。
誰にも邪魔されたくない貴方に。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2007年02月08日 エンターテイメント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。